1. TOP
  2. 美肌になる方法
  3. 顔に赤みが出たら洗顔料を見直しましょう

顔に赤みが出たら洗顔料を見直しましょう

 2014/12/29 美肌になる方法 この記事は約 3 分で読めます。 488 Views

敏感肌に赤みが出やすい理由、それはズバリ「刺激」に弱いからです。

肌の状態はバリア機能が損なわれ、刺激に過敏に反応するようになっています。

赤みが出るのは、肌に炎症が起きているからなのです。

まずは洗顔を見直しましょう。

テレビによくでる皮膚科医が「しっかり泡立てたモコモコ泡で洗いましょう」と泡洗顔を推奨したことで、いろんなメーカーから「泡立ちの良い石けん」が発売されるようになりました。

逆に、古くからあったとても良い石けんが、泡立てるのに時間がかかるという理由で人気がなくなったりもしたのです。

しかし、ここには大きな落とし穴があることを知る必要があります。

私は、以前からよく泡立てて使うように推奨されている石けんを愛用してきました。

その石けんは確かに汚れ落ちがよく、洗いあがりも突っ張らなくて気に使っていました。

でも、泡立てるのには少々時間がかかりました。

実は、ここ数年のモコモコ泡ブームで、少し浮気心が湧きましてね、いろんな石けんを試してみたのです。

すると、最近のものはとても簡単に泡が立つのに驚きました。

でも、実際に洗ってみると、余り落ちていないのが手触りで分かるんですね。

これは恐ろしいことですよ。

泡立ちを良くするには、発泡剤をたくさん入れれば済むことなのです。

発泡剤の入っていない石けんは、泡立てネットを使ってもそう簡単にはモコモコ泡は作れません。

一方、発泡剤が入っていると、泡立てネットを数回もむだけで簡単に泡が立つのですね。

でも、発泡剤は肌にとっては刺激になります。

泡立ちと汚れ落ちはイコールではないことを覚えておいて下さいね。

逆に汚れ落ちが良すぎて、洗いあがりがツルツルになるものもあります。

ツルツル、キュッキュっとなるものは、汚れと一緒に角質まで剥がしてしまいますから危険なのです。

強い界面活性剤を使えばいくらでも洗浄力を高めることができます。

汚れ落ちがいいというだけで洗顔料を選ぶのも危険です。

そもそもモコモコ泡が良いと言われる理由は、泡がクッションになって、洗顔時に肌をこすらなくて済むからです。

それを、発泡剤で泡立てたり、界面活性剤を増やしてこすらなくても落ちるようにしてしまっては本末転倒です。

残念なことですが、こんな安直な方法で売れる石けんを作ってしまうメーカーがあるということも知っておいて下さいね。

もしも、肌に異常を感じていたら、まずは、洗顔料を見直すことをおすすめします。

 

\ SNSでシェアしよう! /

敏感肌でも大丈夫「あんしんエイジングケア」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

敏感肌でも大丈夫「あんしんエイジングケア」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

rosemary

この人が書いた記事  記事一覧

  • ラ・ミューテを1ヶ月半使った正直な感想をレビュー(口コミ)

  • ラ・ミューテ アドバンス保護美容液で肌のバリア機能がUP!

  • ラ・ミューテ エンリッチ化粧水はサラサラなのにしっとりする

  • バラの香りのラ・ミューテ洗顔フォームは至福の泡洗顔

関連記事

  • 敏感肌にやさしい化粧水のつけ方とは